2017年7月29日土曜日

歌手のジャスティン・ビーバーが車でパパラッチをはねて負傷させる事故

J・ビーバーさん 車でパパラッチはねる

2017年7月28日 14:44



カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーさんが運転する車が26日、アメリカ・カリフォルニア州でパパラッチをはねてケガをさせる事故があった。

カメラマンが車を取り囲む中、車に乗り込むジャスティン・ビーバーさん。ビーバーさんが車を前進させた次の瞬間。車のそばにいたカメラマンがはねられ倒れ込んだ。ビーバーさんは車を降り、介抱している。

アメリカメディアによると、はねられたカメラマンは軽いケガをした。ビーバーさんはこれまで、飲酒運転での逮捕や近隣住宅に卵を投げつけるなど“お騒がせ”な行動が注目されてきたが、今回の事故が故意でなかったことなどから逮捕されることはないとしている。

参照元 : 日テレNEWS24








J・ビーバーさん運転のトラック、パパラッチをはねる

2017.07.28 Fri posted at 09:44 JST



ロサンゼルス(CNN) 米カリフォルニア州ビバリーヒルズの警察は28日までに、カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバーさんの運転するピックアップトラックがパパラッチをはねて負傷させる事故を起こしたことを明らかにした。

事故が起きたのは26日夜。イベント会場から出ようとしたビーバーさんのトラックに大勢のカメラマンが追いすがり、そのうちの1人がトラックにはねられた。

警察によると、ビーバーさんは現場にとどまって警察の捜査に協力した。現場を撮影した映像には、路上に倒れた男性をビーバーさんが介抱する様子が映っている。

はねられたのは57歳の男性で、軽傷を負って近くの病院に運ばれた。

この事故に関連した裁判所への出頭命令は出されていない。関与したのはビーバーさんのトラック1台のみだった。

現場は市の教会の礼拝が行われていた劇場の近くだった。ビーバーさんは、「予想外の状況」を理由に世界ツアーの中断を突如発表したばかり。その後、ロサンゼルス周辺にいるところを目撃されていた。

参照元 : cnn.co.jp



2017年7月27日木曜日

栃木県を中心に活動するバンドグループ「ディグダ」のドラマー逮捕!自宅から大麻草34本「吸うために持っていて、栽培もしていた」

「吸うために」ミュージシャンの自宅から大麻草34本

2017/07/21 17:24



自宅のベランダから大麻草34本が見つかったということです。ミュージシャンの男は「吸うために持っていて、栽培もしていた」と話しています。

栃木県を中心に活動するバンドグループ「ディグダ」のドラマー・佐久間誠一被告(34)は先月、栃木県大田原市内の自宅で大麻草34本を栽培していた疑いで21日、検察に追送致されました。佐久間被告は先月、乾燥大麻約25グラムなどを所持していたとして、すでに逮捕・起訴されていました。

取り調べに、佐久間被告は「吸うために持っていて、栽培もしていました」と容疑を認めています。警察は販売目的で栽培していた可能性もあるとみて、種の入手経路などを調べています。

参照元 : テレ朝ニュース












バンド「ディグダ」の男、自宅で大麻所持か

2017年7月21日 15:45



自宅で大麻を所持していたなどとして、ミュージシャンの男が逮捕・起訴されていたことが分かった。

大麻取締法違反の罪で逮捕・起訴されたのは、栃木県大田原市に住むバンドグループ・ディグダのドラマー、佐久間誠一被告(34)。

警察によると佐久間被告は先月、吸入目的で末端価格17万円相当の大麻草と加工した大麻を所持していた罪に問われている。また佐久間被告は自宅ベランダで大麻草34本を栽培していたとして、21日、追送検された。

佐久間被告は吸入目的で大麻を所持していたことを認め、栽培についても「大麻と分かっていて育てていたのは間違いありません」と認めているという。

警察は大麻の入手ルートなどについて捜査している。

参照元 : 日テレNEWS24










歩きスマホの女性に体当たり、重傷負わせたミュージシャンの男を逮捕

ミュージシャンの男が駅で“体当たり” 女性重傷

2017/07/22 19:00



駅のホームで女性に体当たりし、頭の骨を折る重傷を負わせたとしてミュージシャンの男が逮捕・送検されました。

中村陽容疑者(63)は19日午後7時半ごろ、兵庫県のJR三ノ宮駅のホームで、すれ違いざまに55歳の女性に体当たりして転倒させ、頭の骨を折る重傷を負わせた傷害の疑いが持たれています。

中村容疑者はそのまま立ち去りましたが、防犯カメラの映像から犯行が発覚。警察に対し、「ぶつかりはしたが、女性がスマホを触り、前を見ていなかった」と容疑を否認しています。中村容疑者は神戸を拠点にミュージシャンとして活動し、本も出版していました。

参照元 : テレ朝ニュース





米俳優のミッキー・ローク(65)、以前暮らしていたトライベッカのロフト家賃330万円超が未払い

ミッキー・ローク、300万円超の家賃未払いが明らかに

2017/7/26 14:35



今年65歳になる熟年俳優ミッキー・ロークだが、2014年には60代に突入していたにもかかわらずボクシングのリングへ。そこで20代ボクサーを相手にエキシビションマッチに挑み、相手を見事に倒した。しかしその後「実は八百長だった」と報じられ、ミッキーをロッキーのように崇めたファンを落胆させていた。その彼が、今度は以前暮らしていたロフトの家賃を一部未払いのままにしていたと報じられた。しかも勝手な“ド派手改装”で元家主を激怒させている。

いくつになってもヤンチャなミッキー・ロークについて「バッドボーイ時代の暮らしぶりに戻ってしまったのではないか」という気になる報道が浮上した。『NYポスト/Page Six』によると、ミッキーは以前暮らしていたトライベッカのロフト家賃が一部未払いのままだという。その総額は3万ドルに上り、日本円にすると330万円超とのこと。さらに家主の同意も得ず天井にディスコライトを取り付けていたことなどもあり、1万ドルをプラスして払うよう求められているそうだ。しかも家賃については、2016年10月に支払うのを止めているというから困ったものである。

賃貸契約は2か月後の12月に切れたが、その後も支払いをしないミッキーに家主は怒り心頭のもよう。ロフト内部の壁には穴があき、フロントドアの鍵も破損。浴槽も傷んでいたうえ、ディスコライトの取り外しにも費用がかかったというのだ。

ちなみにミッキーは90年代にプラザホテルの超高級スイートに宿泊するも、家具などを派手に壊して数百万円ともいわれる被害をもたらした。

ファンの呼びかけには気さくに応じ、ペットの犬を愛する意外な一面もあるミッキー。しかし少々常識はずれでハチャメチャなところは、今も昔も変わらないようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

参照元 : Techinsight

ミッキー・ローク




ミッキー・ローク(Mickey Rourke [rʊərk]、1952年9月16日)は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州出身の俳優、元プロボクサー。本名はPhilip Andre Rourke Jr.(フィリップ・アンドレ・ローク・ジュニア)。

略歴
7歳の時に両親が離婚し、母は5人の子供を持つ警察官の男性と再婚した。ニューヨークからマイアミへ移住したのちに、継父は、ロークをマイアミの有名なボクシングジム「五番街ジム」へ通わせ、モハメド・アリやジミー・エリスらと共にトレーニングをさせた。19歳の頃に単身でニューヨークへ戻り、アクターズ・スタジオで演劇を学びながら小さな舞台に出演した。

ロサンゼルスへ移り、1979年に『1941』で映画デビュー。1981年に、テレビドラマ『Hardcase』で共演した女優デブラ・フュアーと結婚。同年、『白いドレスの女』で爆弾を密造する男の役が評価されたのち、1982年に出演した『ダイナー』では全米映画批評家協会賞助演男優賞を受賞している。1980年代には、セクシーな魅力を持ったキャラクターがセックスシンボルとして賞され、『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』、『ナインハーフ』、『エンゼル・ハート』等の話題作で主演を務めた。

1991年にはプロ・ボクサーに転身。ボクサー引退後に再び俳優業に戻った。ボクサー時代の怪我が元で整形手術を受けている。2009年には、整形手術が失敗したとインタビューで語っている。

2008年9月に開催された第65回ヴェネツィア国際映画祭において、主演作の『レスラー』(監督:ダーレン・アロノフスキー)が最高賞に当たる金獅子賞を受賞した[7]。また、ローク自身もゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)などを受賞し、アカデミー主演男優賞にノミネートされた。

エピソード
2007年11月8日、マイアミビーチでスクーターを飲酒運転しフロリダ州警察に逮捕された。

2009年4月5日、プロレス団体WWEのWrestleMania XXVに登場。試合に勝利したクリス・ジェリコが、試合後にリングサイドで観戦していたロークに暴言を吐くと、逆上したロークがリングに上がり、左フックでジェリコをKOした。

愛犬家としても知られ、2007年にはペットショップの前で抗議活動を行ったり、PETAの活動にも参加している[12]。2009年の段階では5匹のチワワを飼っていたが、そのうちの1匹が同年18歳で死んだことがニュースとなった。

2014年11月28日、ロシアで行われたボクシングの試合で29歳のエリオット・シーモアに勝利する。しかし、後にシーモアが1500ドルで買収され負けることが決まっていた八百長試合だったことを暴露した。

以下略

参照元 : wiki/ミッキー・ローク

元ボクシングヘビー級王者のマイク・タイソン「ボクシングルールじゃマクレガーは、メイウェザーにブッ殺される」

【ボクシング】マイク・タイソン「マクレガーはメイウェザーにブッ殺される」

2017/7/26(水) 12:19配信



8月26日にラスベガスにて行われるボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザーvs UFCライト級王者コナー・マクレガー。

この“世紀の一戦”について、7月24日配信のアメリカのネットラジオ番組『Pardon My Take/パードン・マイ・テイク』に元ボクシングヘビー級王者のマイク・タイソンが電話出演し、「マクレガーは、ボクシング・ルールじゃブッ殺される」と衝撃発言を行った。

続けて「俺はこの試合がボクシング・ルールだと聞いて頭に来たよ。だって俺は2人が総合格闘技ルールで試合するもんだと思ってたからな。ボクサーは総合(格闘技)の選手に勝てないってのか?」と、12Rのボクシング・ルールで行われる今回のメガマッチに不満を漏らした。

「マクレガーはまったくバカなルールを受けたもんだぜ。赤ん坊のころかボクシングをしてるメイウェザーにKOされるだろうからな。蹴ることも組みつくことも許されないんじゃマクレガーには、ほとんど勝つチャンスがないよ」

そして、タイソンは、もし自分がマクレガーと試合するとしたら、「蹴りOKのルールでやってやったぜ」と、自身の現役時代を重ね、蹴りがあっても勝つ自信十分に語った。

ちなみに、1976年に日本武道館で行われたモハメド・アリvsアントニオ猪木の異種格闘技戦では、プロレスラーの猪木は、投げ技や関節技を使うことは禁じられたが、脚への蹴りだけは許された。

今回の試合は、パンチのみしか許されないボクシング・ルールなので、マイク・タイソンは、メイウェザーのKO勝ちを予想したが、果たしてマクレガーは一矢報いることができるか。

参照元 : イーファイト




2017年7月26日水曜日

路上強盗で元プロボクサーの男ら2人逮捕 通行人を殴りリュックサックを奪う

元プロボクサーら逮捕 通行人を“殴り”路上強盗か

2017/07/26 11:58



東京・品川区で帰宅途中の男性を殴り、リュックサックなどを奪ったとして元プロボクサーら2人が逮捕されました。

元プロボクサーの平林隼人容疑者(30)と21歳の男の2人は今月5日、品川区東大井の路上で40代の男性の胸をいきなり殴ったうえ、リュックサックを奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、平林容疑者が相手を選んで殴るなどした後、男がリュックサックを奪って逃走しました。

取り調べに、2人は「間違いありません」などと容疑を認めているということです。現場周辺では同じ日に同様の事件があったほか、今月12日にも現場から約2キロ離れたJR品川駅近くで通行人がいきなり殴られる事件が相次いでいて、警視庁が関連を捜査しています。

参照元 : テレ朝ニュース














元プロボクサー、通行人殴り荷物奪う 容疑で逮捕 警視庁

2017.7.26 16:27

路上で男性を殴り、荷物を奪ったとして、警視庁捜査1課は26日、強盗致傷容疑で、元プロボクサーの無職、平林隼人容疑者(30)=東京都大田区大森東=ら男2人を逮捕した。いずれも「間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕容疑は5日午後10時ごろ、品川区東大井の路上で、同区の男性(47)の胸や背中を殴り、「カバンをよこせ」などと脅してリュックサック(時価合計3900円相当)を奪ったとしている。男性はあばら骨を折る重傷を負った。

周辺の防犯カメラの画像などから2人が浮上。付近ではこの日、同様の強盗、傷害事件が2件あったほか、12日も品川署、高輪署管内で同様の被害があり、警視庁が関連を調べている。

参照元 : 産経新聞


平林隼人容疑者のプロフィール

名前:平林隼人(ひらばやし はやと)

年齢:30歳

職業:無職

東京都大田区大森東在住

プロボクシング2006年度・東日本新人王決勝まで駒を進めている。

特徴
・階級はミドル級
・長い手足から放たれるスイングパンチ
・独特のリズム
・強打

プロボクシング戦績7勝全てがKO勝ちで、ハードパンチャーとして知られている人物。

K-1トライアウトにも参戦、様々な格闘技ジャンルで活躍した。

2017年7月21日金曜日

【訃報】リンキン・パークのボーカル チェスター・ベニントン(41)が首を吊って自殺しているのが発見される!

リンキン・パークのチェスター・ベニントンが死去

2017/07/21 03:35掲載



海外サイトTMZは、リンキン・パーク(Linkin Park)のフロントマン、チェスター・ベニントン(Chester Bennington)が死去したと報道。同サイトは警察関係者からの話として、現地時間7月20日午前9時前に、ロサンゼルスのパロス・ヴェルデスにある私邸でチェスターが首を吊って自殺しているのが発見されたと伝えています。41歳でした。

【Update:2017/07/21 04:19】
メンバーのマイク・シノダが自身のツイッターでチェスターの訃報は「本当だ」と伝えています。公式声明が後ほど出されるようです


【Update:2017/07/21 03:56】
AP通信も訃報を伝えています


参照元 : amass







2017年7月15日土曜日

格闘技『K-1』選手・小宮山工介さん(30)が炎上する車の窓を肘打ちで割り人命救助

【報ステ】K-1選手“ひじ打ち”で人命救助

2017/07/13 23:30



格闘技『K-1』の選手・小宮山工介さん(30)が警察に表彰された。徳島県鳴門市内で12日午後に起きた、乗用車とトラックの正面衝突事故に遭遇した小宮山さんは、ひじ打ちで炎上する車の窓を割り、周囲の人たちと協力して、2台の車から男性2人を助け出したという。

ひじに数針縫うけがをした小宮山さんは「次に同じような場面に遭遇したら、今度はひじに何か巻いてからやろうかな」と話した。

参照元 : テレ朝ニュース




























K-1小宮山工介お手柄 トラックの窓ガラスなぜ人力で粉砕?

2017/7/15(土) 9:26配信

格闘家が、一撃で人命救助――。徳島県鳴門市で「K―1」の小宮山工介選手(30)が手柄を立てたニュースが話題になっている。

12日午後0時ごろ、同市の県道で乗用車とトラックが正面衝突。現場をクルマで通りかかった小宮山さんがまず乗用車の運転手(25)を、次いでトラック運転手(51)を車内から救い出した。いずれのクルマも救出後すぐに炎上したから、間一髪の神業。地元関係者が言う。

「注目はトラックからの救出です。運転席側のドアが開かないので小宮山さんは助手席のドアを開けようとした。ところが衝撃による歪みで開かない。運転手は“助けて”と声を上げている。そこで窓ガラスをヒジ打ちで割って運転手を車外に出したのです。小宮山さんは右ヒジを10針縫うケガ。トラックはいすゞ『エルフ』の2トン車でした」

自動車のガラスは強度が高く、ちょっとやそっとでは割れない印象が強い。それを生身の肉体で破壊するとは……。

「窓ガラスは普通の力では割れません。そのため非常用に先のとがった脱出用ハンマーがあるくらいです。ヒジで割ったと聞いてビックリしました」(いすゞ広報グループ担当者)

エルフの窓ガラスを製造している「日本板硝子」によると、自動車のフロントガラスは「合わせガラス」といって2枚のガラスの間に中間膜を挟み、摂氏100~150度の熱で溶かしてつくる。厚さは約5ミリだ。

「サイドの窓ガラスは『強化ガラス』といい、厚さ3、4ミリ。一枚のガラスを700度まで熱してから急冷させることで内部を圧縮させます。強度は建築用ガラスの3倍。事故などで1センチ角にこなごなに砕けますが、通常は相撲の横綱がツッパリの一撃を加えても割れないはずです」(広報部の鈴木智雄マネジャー)

それがなぜ、ヒジ打ちで割れたのか。

「強化ガラスはキズに弱い面があります。おそらくは圧縮層に目に見えない微細なキズができていて、そこに強力なヒジ打ちの威力が加わって割れたのだと思われます」(前出の鈴木マネジャー)

いずれにせよ、割れてよかった!

参照元 : 日刊ゲンダイ


2017年7月14日金曜日

部下をハンマーで殴ってケガさせたり、脅して現金を奪った容疑で元格闘家・小森亮介容疑者(31)ら2人逮捕

元格闘家ら「お前のミスで損」 ハンマーで部下を…

2017/07/14 11:57



部下をハンマーなどで殴ってけがをさせたり、脅して現金を奪ったりしたとして元格闘家の男らが逮捕されました。

元格闘家で内装業の小森亮介容疑者(31)と綿貫晴夫容疑者(36)の2人は、去年12月から今年2月にかけて、東京・世田谷区のアパートで、当時、小森容疑者の部下だった男性(25)をハンマーなどで殴ってけがをさせ、別の日には「お前のミスで損害が出た」と脅して現金50万円を奪った疑いが持たれています。

警視庁によりますと、小森容疑者と部下の男性は当時、同居していて、仕事を巡るトラブルがあったということです。取り調べに対し、2人は「現金は仕事上のペナルティーとして預かった」と容疑を否認しています。

参照元 : テレ朝ニュース
















ハンマーで殴打か 元格闘家ら2人逮捕

2017/7/14(金) 13:47配信



同居男性をハンマーで殴り、現金50万円を奪った疑いで、元格闘家の男ら2人が警視庁に逮捕された。

傷害と強盗の疑いで逮捕された、小森亮介容疑者(31)と綿貫晴夫容疑者(36)は、東京・世田谷区内で同居していた男性(25)と、清掃会社を営んでいたが、日ごろから、ハンマーを使って暴力を振るい、男性にけがをさせたほか、「お前のせいで、仕事でミスが出た」と脅し、現金50万円を奪った疑いが持たれている。

調べに対して2人は、容疑を一部否認している。

小森容疑者は、かつて、総合格闘技大会で優勝するなど、格闘家として活動していた。

参照元 : ホウドウキョク

小森亮介



小森 亮介(こもり りょうすけ、1986年1月1日 - )は、日本の男性総合格闘家。千葉県出身。ディープラス所属。







来歴
日本体育大学体育学部武道学科に入学柔道部に在籍し、大学中退後に吉田道場へ入門し総合格闘技を始めた。
2008年12月28日、DEEPフューチャーキングトーナメント2008・バンタム級に出場。2回戦を腕ひしぎ十字固め、準決勝をヒールホールド、決勝を下からの変形スリーパーホールド(自身は「電撃ネットワーク」と命名)と3試合すべてで1R開始1分以内に一本勝ちして優勝を果たした。
2009年3月14日、club DEEP TOKYOで岡元飛竜と対戦し、判定負け。
2009年6月、戦極G!杯バンタム級に出場。準決勝で竹中慎と対戦し、ヒールホールドで一本勝ち。8月2日、戦極 〜第九陣〜のオープニングファイトとして行われた決勝で沼尻健に左フックでKO勝ちを収め、戦極G!杯バンタム級優勝を果たした。9月23日、戦極 〜第十陣〜のオープニングファイトで行われた「戦極G!杯 日韓対抗戦」でソ・ジェヒョンに判定負け。
2010年4月25日、吉田秀彦引退興行 〜ASTRA〜で村田卓実と対戦し、判定負け。
2010年6月6日、DEEP CAGE IMPACT 2010 in OSAKAで吉武伸洋と対戦し、開始24秒ヒールホールドで一本勝ち。

戦績

総合格闘技





獲得タイトル
DEEPフューチャーキングトーナメント2008 バンタム級 優勝(2008年)
戦極G!杯 バンタム級 優勝(2009年)

参照元 : wiki/小森亮介